高度人材,申請、5年
トップページ
高度人材,申請
高度人材とは
高度人材にかかわる
ポイント制度
高度人材の優遇措置
よくある質問
   
高度人材,申請
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


高度人材の申請なら、サポート行政書士法人にお任せさい!

高度人材の優遇措置

高度人材と認められることに対する優遇措置としては、
例として以下のようなものがあります。


【複合的な在留活動の許容】
従来の就労ビザ活動にそのまま当てはめるのではなく、
高度な資質・能力等を活かした、
複数の在留資格にまたがった活動や事業経営を行うことができます。


【「5年」の在留期間の付与】
2012年7月9日の新在留制度の施行以降、
高度人材として5年の在留期間が認められます。


【在留歴に係る永住許可要件の緩和】
高度人材としての活動を、おおむね5年程度引き続いて行っていれば、
永住ビザの申請をすることができます。
(通常の外国人の方は、日本での10年の居住歴が必要となります)


【入国・在留手続の優先処理】
法務省は、高度人材に関する入国手続については申請受理から10日以内
在留手続については申請受理から5日以内に処理するよう努めることが
定められています。


【高度人材の配偶者の就労】
高度人材と認められた方の配偶者は、就労ビザに該当する活動について、
これらのビザに係る要件(学歴・職歴・実績等)を満たさない場合でも、
高度人材の配偶者として、これらの就労が認められます。

(ただしこの就労を行うには、高度人材と同居し、
 かつ、日本人と同等額以上の報酬を受けることが必要になります)


【一定条件下で高度人材の親の帯同の許容】
高度人材またはその配偶者の3歳未満の実子を養育する場合に限り
以下の条件を満たす高度人材またはその配偶者の親(実親に限る)の
帯同・呼び寄せが認められます。
@:高度人材の年収が申請時点で1,000万円以上あること
A:高度人材と同居すること
B:高度人材またはその配偶者のいずれかの親に限ること
C:同居する高度人材またはその配偶者の三歳未満の実子を、
  三ヶ月以上継続して養育する予定であること
D:滞在期間は最長三年間とすること

【一定条件下で高度人材に雇用される家事使用人の許容】
外国で雇用していた家事使用人を引き続き雇用する場合
@:高度人材の年収が申請時点で 1,500万円以上あること
A:帯同できる家事使用人は1人まで
B:家事使用人に対して月額20万円以上の報酬を予定していること
C:帯同する家事使用人が日本入国前に
  1年間以上当該高度人材に雇用されていた者であること
D:高度人材が日本から出国する場合、共に出国することが予定されていること

上記以外の家事使用人を雇用する場合
@:高度人材の年収が1,500万円以上あること
A:帯同できる家事使用人は1人まで
B:家事使用人に対して月額20万円以上の報酬を予定していること
C:家庭の事情(申請時点において、13歳未満の子または病気等により日常の家事に従事することができない配偶者を有すること)が存在すること


高度人材,申請、5年

高度人材,申請、5年 高度人材,申請、5年 高度人材,申請、5年 高度人材,申請、5年 高度人材,申請、5年 高度人材,申請、5年