高度人材,ポイント,申請
トップページ
高度人材,申請
高度人材とは
高度人材にかかわる
ポイント制度
高度人材の優遇措置
よくある質問
   
高度人材,申請
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


高度人材の申請なら、サポート行政書士法人にお任せさい!

高度人材にかかわるポイント制度


高度人材として認められるためには、
「学術研究活動」 「高度専門・技術活動」 「経営・管理活動」のいずれかで、
ポイントが合格点(70点)を上回らなければなりません。


更に高度人材として認められるには、
年齢区分に応じた年収最低基準を満たす必要があります。

【高度人材における年収最低基準】
年齢区分 年収最低基準
〜30歳未満 340万円
30歳以上35歳未満 440万円
35歳以上40歳未満 500万円
40歳以上 600万円
「学術研究活動分野」と「高度専門・技術活動分野」については、
一定以上の年収でポイントが加算されます。
詳しくは【こちら】


【学術研究活動分野】
 学歴 博士号(専門職に係る学位を除く)取得者  30
修士号(専門職に係る博士を含む)取得者 20
 職歴
 (実務経験)

※従事しようとする研究、
 研究指導又は教育に係る
 実務経験に限る
7年〜 15
5年〜 10
3年〜 5
 年収
※主たる受入機関から受ける
 源泉徴収前の報酬の年額
年齢区分に応じ、
ポイントが付与される
年収の下限は異なります。
※詳しくは【こちら】
40

10
 年齢  〜29歳 15
 〜34歳 10
 〜39歳 5
 ボーナス@ 日本国政府からイノベーションを
促進するための支援措置
(別に告示で定めるもの)を
受けている機関における就労 
10
 ボーナスA
 【研究実績】
詳しくは【こちら】 15
 ボーナスB 本邦高等教育機関において
学位を取得
5
 ボーナスC 日本語能力試験1級に合格した者
もしくはこれと同等以上の能力が
あることを他試験(※)で認められている者
または外国の大学において
日本語を専攻して卒業した者
10
合格点 70

(※):BJTビジネス日本語能力テストでの550点以上の得点など


【高度専門・技術活動分野】
 学歴 博士号(専門職に係る学位を除く)取得者  30
修士号(専門職に係る博士を含む)取得者 20
大学を卒業し又はこれと同等以上の
教育を受けた者
(博士号又は修士号取得者を除く)
10
 職歴
 (実務経験)

※従事しようとする業務に係る
 実務経験に限る
10年〜 20
7年〜 15
5年〜 10
3年〜 5
 年収
※主たる受入機関から受ける
 源泉徴収前の報酬の年額
年齢区分に応じ、
ポイントが付与される
年収の下限は異なります。
※詳しくは【こちら】
40

10
 年齢  〜29歳 15
 〜34歳 10
 〜39歳 5
 ボーナス@ 日本国政府からイノベーションを
促進するための支援措置
(別に告示で定めるもの)を
受けている機関における就労 
10
 ボーナスA
本邦高等教育機関において
学位を取得
5
 ボーナスB 日本語能力試験1級に合格した者
もしくはこれと同等以上の能力が
あることを他試験で認められている者
または外国の大学において
日本語を専攻して卒業した者
10
 ボーナスC
 【資格】
職務に関連する資格の保有
(1つにつき5点)
10
 ボーナスD
 【研究実績】
詳細は【こちら】 15
合格点 70



【経営・管理活動分野】
 学歴 博士号又は修士号取得者 20
大学を卒業し又はこれと同等以上の
教育を受けた者
(博士号又は修士号取得者を除く)
10
 職歴
 (実務経験)

※事業の経営又は管理に
 係るものに限る
10年〜 25
7年〜 20
5年〜 15
3年〜 10
 年収
※主たる受入機関から受ける
 源泉徴収前の報酬の年額
3,000万円〜 50
2,500万円〜 40
2,000万円〜 30
1,500万円〜 20
1,000万円〜 10
 ボーナス@ 日本国政府からイノベーションを
促進するための支援措置
(別に告示で定めるもの)を
受けている機関における就労 
10
 ボーナスA
 【地位
代表取締役、代表執行役ポストでの
受入れ
10
取締役、執行役ポストでの受入 5
 ボーナスB 本邦高等教育機関において
学位を取得
5
 ボーナスC 日本語能力試験1級に合格した者
もしくはこれと同等以上の能力が
あることを他試験で認められている者
または外国の大学において
日本語を専攻して卒業した者
10
合格点 70



【「学術研究活動分野」及び「高度専門・技術活動分野」の年収ポイント】
     年齢 
 年収
〜29歳 〜34歳 〜39歳 40歳〜
1,000万円 40 40 40 40
900万円 35 35 35 35
800万円 30 30 30 30
700万円 25 25 25 -
600万円 20 20 20 -
500万円 15 15 - -
400万円 10 - - -



【研究実績に係るポイント評価】
研究実績
(15点まで)
 特許の発明 1件〜 15
 入国前に公的機関からグラントを受けた研究に
 従事した実績 3件〜
15
 研究論文の実績については、
 日本の国家機関において利用されている
 学術論文データベースに登録されている
 学術雑誌に掲載されている論文
 (申出人が責任著者であるものに限る)が
 3本以上で15点
15
 上記の項目以外で、
 上記項目におけるものと同等の研究実績があると
 申請人がアピールする場合
 (上記データベースで確認できない雑誌への
 論文掲載、著名な賞の受賞歴等)
 関係行政機関の長の意見を聴いた上で
 法務大臣が個別に
 ポイント付与の適否を判断
15


高度人材,ポイント,申請

高度人材,ポイント,申請 高度人材,ポイント,申請 高度人材,ポイント,申請 高度人材,ポイント,申請 高度人材,ポイント,申請 高度人材,ポイント,申請